なぜ書店を支配する?日販とトーハンが本屋を欲しがる本当の理由

ここのところ、出版業界では取次会社が書店を小会社化する動きが目立っています。子会社化しないまでも、株式を取得して強い影響力を持とうとする流れが起きているのは確かです。最近の例でいえば、日販が文教堂の株式の28.12%取得して筆頭株主になった