『メンデル』と『遺伝の法則』を簡単に説明

遺伝の法則 メンデルという19世紀の聖職者が、エンドウマメを育てて、「生物の性質はどのように遺伝するのか」という法則を見つけました。 エンドウマメには種にしわがついているものとついてないものがあるのですが、それはなにによって決まるのでしょうか。