第1回 教育は何を目指すのか

教科で教える オーストリアの心理学者、精神科医であるアルフレッド・アドラー(1870〜1937)は、もともと社会主義に強い関心を持っていましたが、政治の現実に失望し、やがて多くの子どもに影響を与えうる教育改革こそがこの世界を変える有効な手段を提供すると考えるようになりました。 ここで、教育改革という言葉を使…