使用目的や料金から物撮りの質をコントロールするというシンプル撮影法

室内撮影でほとんどの場合に必要になってくるのが、機材を使った光です。『光』と言ってもライト類だけではなく、レフ板はもちろんのこと、周りを囲む全てのものが、物撮りには大きく影響して来るのです。それこそ部屋の環境であったり、極端に言えば『三脚』でさえも一つの光の要素という考え方になるのです