メモリの一部をRAMディスクにして快適環境を構築してみる

以前よりメモリの価格が下がったことで個人のパソコンにもかなりの容量を積むことができるようになりました。これだけでも十分な動作速度になるのですが、メモリの一部を RAM ディスクとして扱うことで、さらなる速度アップを目指すことができます。