子供がセシウムを吸い込む”被ばく”イベントが福島で決行された! - ライブドアニュース

「復興の役に立ちたいから参加しました。 6国 がきれいになったら、除染作業員さんも作業しやすくなる。放射能? 私は気にしていません。積極的に参加してほしい」そう話すのは、10月10日に国道6号線