ねずさんのひとりごと 仮定がたとえ奇抜なものであっても 長岡半太郎

先人たちが目指した日本の姿。それは私達の国が常に「よろこびあふれる楽しい国(=豈国)」であり続けることです。