あなたは『嫌われる勇気』を誤解している 「嫌われてもいい」ではない

『嫌われる勇気』が世の中の多くの人に読まれていることは、とてもうれしいことです。しかしながら、一方で、気がかりなこともあります。それは、アドラー心理学に対する誤解が広まっているのではないか――という…