「iPhone 6s」の重さが「iPhone 6」より約1割も増えた理由

iPhone 6s・6s Plusは、外観もサイズも前のモデルからあまり変わっていませんが、重さだけ1割以上増加しています。 強度を上げたアルミボディのせいかと思いきや、原因は別のところにあるようです。 公式のスペックによると、iPhone 6sの重さは143gで、iPhone 6sの129gより14g (約11%)増加しています。