駅伝界の王者ナイキを抜いた、あのブランド | 「走り」を制する者は仕事を制す

正月の箱根駅伝は“山の神”でトップに立った青山学院大が、復路も快走。最終的には後続を10分以上も引き離す独走劇で、初優勝を成し遂げた。5区以降は首位交代がまったくなく、視聴者としては物足りなかったかも…