「道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト」に3万人

【山口・下松】下松市で3月5日、「道路を走る高速鉄道車両見学プロジェクト」が行われました。通常、交通量の少ない深夜に行う鉄道車両輸送を「ものづくりのまち くだまつ」をPRするため、下松市が見学イベントとして昼間に実施。沿道には鉄道ファンや市民ら3万人の観客が訪れました。今回輸送されたのは、日立製作所 笠戸…