オリジナルであれ:ルパート・サンダース──「攻殻機動隊」をめぐる5つの考察(5)|WIRED.jp

2017年、実写版公開という新たなステージを迎えた「攻殻機動隊」。白羽の矢が立ったのは、英国人監督、ルパート・サンダースだ。押井版、神山版と、これまで数々の「攻殻機動隊」が生まれてきたが、新たに実写版をつくるにあたって意識したという「オリジナルであること」へのこだわりを訊いた。