成功を目指すから挫折する。他の人が追随できないあなたの「幸福」とは?<わたしが挫折したときのこと>岸見一郎 - 幻冬舎plus

アドラー心理学を早くから選択し、その研究に没頭していたわけではなかった岸見さん。アドラーと出会ってからも、普通の人からすると「挫折かもしれないこと」は続きます。その経験からも多くの気づきを得たようです。