受験生だからといって家族の中で特別視しない<叱らない、ほめない子育ての極意>岸見一郎 - 幻冬舎plus

 受験生も家族の一員であることは間違いありません。ですから、受験生という特権を与えられ、ただ勉強だけしていればいい、と子どもが思い、親もそれを認めているというのであれば、そのことによって問題が起こりうるということもあらかじめ知っておいてもいいかもしれません。