アイアンマン

アフガニスタンで自社兵器のデモ実験に参加したトニー・スタークは、テロ組織に襲われ拉致されてしまう。胸に深い傷を負い捕虜となった彼は、生き続けるために生命維持スーツを作らざるを得なかった。やがて彼は、その技術を悪との戦いに使うことを決意する。