「べっぴんさん」のべっぴんさん べっぴんもの ドラマをつくる”べっぴん”なモノ・人たち

戦後の焼け跡の中、娘のため、女性のために、子ども服作りにまい進し、日本中を元気にかけぬけていくヒロインとその家族、そして、彼女の仲間たちが夢へと向かう物語です。