柱状改良とは【住宅建築用語】

柱状改良とは、軟弱地盤が2メートル以上8メートル以下の深さの場合に用いられる改良工事で、土の中にコンクリートの柱を造ってしまう工法です。読み方は「ちゅうじょうかいりょう」です。鋼管杭工事よりは費用は掛かりません。柱状改良の工事方法と費用について解説します。