韓国企業とラオス政府、ダム決壊の「責任」めぐり攻防加熱―韓国メディア

31日、中国新聞網によると、ラオス南部アッタプー県で建設中だった水力発電用のダムで23日に起きた決壊をめぐり、「工事を請け負っていた韓国企業とラオス政府との間で、責任の所在をめぐる攻防が加熱している」と韓国メディアが報じている。写真は中国の救援隊。