優遇策空振り 企業、進まぬ地方移転 市場や情報、東京本社にメリット

 地方の人口減少とマーケットの収縮も背景に、首都圏に向かう企業の動きに拍車が掛かっている。国や自治体は、法人関係税の優遇などを通じて地方移転を促すが、企業にとって巨大市場を抱える東京に本社機能を置くメリットは大きい。新たな流れを生み出せるかは見通せない。