村上春樹『騎士団長殺し』新潮社公式サイト

それは孤独で静謐な日々であるはずだった。騎士団長が顕(あらわ)れるまでは。