山里亮太のポジション【後編】 | 絶望を笑いに変える芸人たちの生き方 | てれびのスキマ(戸部田誠) | cakes(ケイクス)

2004年の『M-1グランプリ』進出を機に、ブレイクを果たした南海キャンディーズの山里亮太さん。周囲にイジられる“受け身”役を極め、今やお笑い界のビッグネームらに「天才だ」と言わしめる山里さんですが、同期芸人との比較による焦りなどから、「張りぼての自信」のためだけにネタを作り続けた時期がありました。そんな…