歴史ある建物を維持し新たな物語を紡ぐ。大正時代の洋館越智医院跡をゲストハウスへ - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

「越智医院跡」という洋館は大正時代に建てられ、御手洗の街のシンボルとして人々に親しまれていますが、長い間空き家となっています。地区に受け継がれる文化や歴史をさらに発展させ、未来へと繋げる活動の一端として、この建物を改修しゲストハウスとして再利用してゆきたいと考えています。