増え続ける若者の自殺…SNSや医療業界が注目する「AI自殺予防」の可能性 | citrus(シトラス)

厚生労働省によると、警察庁の自殺統計に基づく2016年の自殺者数は2万1764人であり、前年より2261人(9.4%)少なく、減少率は過去最大でした。7年連続減少であり、22年ぶりに2万2000人を下回りました。一方、若年齢層の自殺はここ数年増加し続けています。