あたらよ【可惜夜】の意味 - goo国語辞書

あたらよ【可惜夜】とは。意味や解説、類語。明けてしまうのが惜しい夜。「玉くしげ明けまく惜しき―を衣手離 (か) れてひとりかも寝む」〈万・一六九三〉 - goo国語辞書は27万語以上を収録。政治・経済・医学・ITなど、最新用語の追加も定期的に行っています。