Web系ディレクターの憂鬱

#本記事はフィクションです。(というか、これは、ただのエクスキューズで、誰に向けて書いた記事でもないという意味 […]