ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは?症状の分類と年齢ごとの特徴 、診断方法や治療まとめ【LITALICO発達ナビ】

ADHDは不注意、多動性、衝動性の3つの症状がみられる発達障害のひとつです。注意欠陥・多動性障害とも呼ばれます。子どもの20人に1人、成人の40人に1人にADHDが生じることが示されています。また、周りに理解されづらく、仕事や学業、日常のコミュニケーションに支障をきたすことがあります。ADHDは人によってその現れ方の…