陰影のトポロジー | 作品集 | 破滅派|オンライン文芸誌

ライラと結婚することになったのはおそらく、ハジの短い人生の中でもっとも喜ばしい出来事だっただろう。ライラにとっても同じだったかどうかはハジにはわからない。いつの間にかそっと肩によりそい、老犬のように静かな呼吸を繰り返していた彼女の体温を思い出すたびに、彼はくよくよと悩んだ。 何年そばにいても、こころ…