ぼくのショーコ(澤田慎梧) - カクヨム

 僕と、僕の愛する少女・ショーコとの数年間は穏やかに過ぎていった。でも、僕は知らなかったんだ。「人を愛する」ということが、あんなにも悲しいことだなんて……。