私には腕がない(11) - カクヨム

その男は不気味な笑みを浮かべ私に近寄ってきた。男はその風貌からして信用に足る人物には到底思えなかった。しかし、私は男の申し入れを受け入れてしまった。 今思えば馬鹿なことをしたと思う。だがその男のおか…