ひだまりファンタジア(米田 助六) - カクヨム

便座を上げると。そこはもう異世界でした――