ネオプレンとは - コトバンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - ネオプレンの用語解説 - W.カロザースらによって合成 (1931) された耐油性,耐薬品性の大きい合成ゴムの商品名。クロロプレン (2-クロロ-1,3-ブタジエン) の重合によってつくられる。分子量は 10万~30万程度。 (→クロロプレンゴム )