パンの略取(ぱんのりゃくしゅ)とは - コトバンク

日本大百科全書(ニッポニカ) - パンの略取の用語解説 - ロシアの無政府主義者クロポトキンが1892年、亡命地ロンドンにおいて無政府共産主義の思想を精力的に宣伝普及していたころの著作。原題どおりならば「パンの征服」と名づけるべきであろうが、日本では幸徳秋水(しゅうすい)が英訳本をもとに190...