出生死滅過程(しゅっせいしめつかてい)とは - コトバンク

世界大百科事典 第2版 - 出生死滅過程の用語解説 - 生物集団の個体数の時間的推移をモデルとする,自然数の値をとるマルコフ過程の一種であって,新たな個体の出生によって増加し,死亡によって減少する。時刻tにおける個体数をX(t)とし,微少時間間隔(t,t+h)の間にnから1だけ増加する確率をλn...