勾玉(まがたま)とは - コトバンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 勾玉の用語解説 - 曲玉とも書く。湾曲した玉の一端に穴をあけ,糸を通した装身具の一種。日本では縄文時代からみられ,古墳時代にいたって多用された。また,古代朝鮮でも用いられた。動物の牙に穴をあけて用いたのがその始りといわれ,その後,石,土,さらに...