千里の行も足下に始まる(センリノコウモソッカニハジマル)とは - コトバンク

デジタル大辞泉 - 千里の行も足下に始まるの用語解説 - 《「老子」六四から》遠い旅路も足もとの第一歩を踏み出すことから始まる。どんな遠大な事業も手近なところから始まるというたとえ。千里の道も一歩より始まる。