達観(タッカン)とは - コトバンク

デジタル大辞泉 - 達観の用語解説 - [名](スル)1 広く大きな見通しをもっていること。遠い将来の情勢を見通すこと。「時勢を達観する」2 目先のことや細かなことに迷わされず、真理・道理を悟ること。俗事を超越し、さとりの境地で物事にのぞむこと。「人生を達観する」