厄日(やくび)とは - コトバンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 厄日の用語解説 - 災厄にあうおそれがあり,それを避けるために忌に服さなければならないとされている日。厄日には,二百十日,二百二十日のように実際に台風シーズンにあたり,生活体験から厄日としているもの,友引,三隣亡,地火 (じか) の日のように,陰陽...