コンテンツをつくって、それが流れていくことは無駄なことではない。 | クラシコムジャーナル

とあるイベントに登壇させていただいた時に、出席者の方から「WEBメディアで働いているのですが、記事を書いて、リリースして、それが翌日には読まれなくなって流れていってしまうことに虚しさを感じることが多い