滋賀・稲部遺跡:大規模な鉄器工房遺構 「邪馬台国」時代 - 毎日新聞

「日本の国の成り立ちを考えるうえで貴重」 彦根市教委発表  滋賀県彦根市教委は17日、市内の「稲部(いなべ)遺跡」(同市稲部、彦富両町)で弥生時代終末から古墳時代初め(3世紀前半)の鉄器工房群の遺構が見つかったと発表した。同時代では他にない規模という。大規模な建物の跡も確認された。当時、鉄製品の原料…