共謀罪:国連特別報告者の書簡 野党側は新たな攻撃材料に - 毎日新聞

「表現の自由を不当に制約」に政府側「不適切な内容だ」  テロ等準備罪を新設する「共謀罪」法案を巡っては、国連のプライバシー権に関する特別報告者、ジョセフ・ケナタッチ氏が「プライバシーや表現の自由を不当に制約する恐れがある」と懸念を示す書簡を日本政府に送った。野党側は新たな攻撃材料とする構えだが、政府…