共同創業者の持株比率は「将来の努力」をベースに分配する – Taka Umada – Medium

Y Combinator では、会社の早い段階では特に、共同創業者の間では可能な限り平等に株を分ける (as even a share as possible) ことや、ほぼイコールになるように分けることを推奨しています。