「マッチ売りの少女」のタイトルを、一文字ずつ変えていく。何の意味もなく。 | アキンド探訪

「寄稿:熊谷真士」商人のバイブル、「マッチ売りの少女」。この物語のタイトルを一文字ずつ変えていくと、実に赴き深いストーリーになっていきます。それでは原作から順にご覧頂きましょう。