部品の着脱経路を3Dモデル上で自動算出 (日経テクノロジーオンライン)

ラティス・テクノロジー(本社東京)は2015年7月7日、3Dモデル上で部品の着脱経路を検出する機能を開発し、軽量3Dデータ形式「XVL」を使ったDMU(デジタル・モックアップ)ツール「XVL St…