【見城 徹】「感想」こそ人間関係の第一歩。五木寛之への手紙

話は少し戻るが、念願かなって「野性時代」編集部に配属された僕は、我ながら水を得た魚のようだった。「野性時代」という文芸誌は、エンタテインメントと純文学を混在させる新しい雑誌だった。当時、他社では...