類人機 第一章 | 黒部昭大 | note

ある夜、フリーライターの東郷誠は街のはずれにある橋の下で異様な光景を目撃する。自分が目にしたものは現実なのか。幻なのか。東郷はゲノム創薬の開発をしている友人の五川に、そこで拾った謎の物体についての調査を依頼するのだが、その結果は思いもよらないものだった。……