【日本語を読む】小林多喜二『蟹工船』 | 根津耕昌/Kousuke Nezu | note

 中華料理を食べに行った帰りの夜道で、車の追突事故に出くわした。 暗い交差点の真ん中で、避けきれずに鈍く鼻先を潰しあった二台の車が、あっけない音と煙を吐きだして動かなくなった。片方の車の運転手がドアを開けのろのろと往来を渡り、力なく歩道の隅にしゃがみこんでいるのが見える。私はとっさに119番に電話をか…