100年目の文体変化。口語体から会話体へ | 原寸大美人|谷口マサト | note

100年前、夏目漱石以前の小説は、かしこまった文語体で非常に読み難いものだった。漱石の小説がインパクトを与えたのは、内容よりも圧倒的な読みやすさ、文体の発明だったという人もいる。そして今、明らかに文章の書き方が変わってきている。口語体がさらに進んで、目の前の友人、または飲み会で会話しているように書く会…