二酸化炭素ガスが、焙煎コーヒー豆のシェルフライフを決めています | ekawacoffee | note

焙煎中に発生して、焙煎後もコーヒー豆内部に吸着している二酸化炭素ガスが、焙煎コーヒー豆の香味成分を空気(酸素)の攻撃から守るバリアーの役割を演じているのだと思います。 その焙煎コーヒー豆内の二酸化炭素ガスですが、焙煎後数週間くらいで、その大部分が放出されてしまいます。 ですから、エカワ珈琲店は、焙煎…