「もっと学んでからにしよう」と思わなくて、本当によかった(日々の日記)|結城浩

※全文を公開している「投げ銭」スタイルのノートです。 いつも書いていることですけれど、自分が書いた本の再校読みは楽しい。とても楽しい。初校のざらつきがとれ、スムーズに読める。自分の書いた説明文だから、自分の頭にぴったりフィットする感じがする。とても心地よい。いや、心地よいとばかり喜んでいては校正に…