小比賀 品男の東京下段 #0(2017.4.16) | 西中島東鳥 | note

いまはただあなたひとりの真っ白なカーテンとして夕焼けを待つ(穂崎 円) 晴れた日の午後の慕情の部屋だろう。窓の向こう側にいる恋人を待っている心が、いちまいのレース編みのカーテンのように繊細で麗しい。やわらかな夕陽を透かす刻が訪れたら、いっそう神秘的にそれは煌めく。キャンバスへと丁寧に配置された言葉が…